読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人は彼女を活動家と呼ぶ / They call her an "Activist"

活動家:誰かが片手に握ったマイクをペンライトに持ちかえただけの、 只の人の意。EXOにハマりGOT7を愛で、防弾少年団を口ずさむ。

[手記]推しが、認めた。−エリック熱愛によせて−

 

これは推しが彼女との熱愛を認めた、あるファンの手記である。

推しが熱愛を認めたその時、ファンは何を思い何を綴るのか。

箸にも棒にもかからない文章ですが、書くというのは自分の気持ちを整理できる良い治療(成仏ともいう)になります。もし今後皆様の推しメンが熱愛を認めることがあれば(ありませんように…)お試し下さいませ。

 

 

***************

223()

12:10 

昼食後、いつものようにKstyleLINEを開ける。一行目が目に飛び込んでくる。


「神話メンバー、女優との熱愛が報じられる」


!!!!!!
慌ててクリックする。

またこの人か。前否定してたし違うやろ〜と強がってみるものの不安。
うわ、結婚説まで出てる。
でも来年20周年で色々やるって言ってる中、結婚するか?
ツイパトに出動。
本国ペンの「先方ドラマ撮影中やから話題作りでは」説に溜飲を下げるなど。
まあ今回もガセやろうと鷹をくくるも、嫌な予感。

 


12:15
 

落ち着かずゆなさんに返信がてらエリック熱愛報道を共有。
ちょうど昨日送ってた「今年はシナコンに行かない未来が見えてきている」の文字が目に入る。
昨日あんなこと言うてたから罰当たったんかな...DAY6にうつつを抜かしてる間にエリックは愛を育んでいたのか...
まさかそんな筈ないとは分かっていてもそう思わずにはいられない。
そして追い討ちをかけるようにゆなさんはこう言った。

 
「おまるに、めんちゃんシナコン行かないらしいよ、て話したら、エリックの亡霊になってめんちゃんの夢枕に立とうかな、て言ってたから、それかもね!?w

草を生やしてリプライしたが、内心ちびまる子ちゃんバリの縦線を顔に走らせていた。

呪い!呪いか?!

今振り返るとこうでも思わないと熱愛をうまく消化できない自分もいたのだろう。
 (
ここまでの私の思考、エリックの熱愛を私個人にしか帰結させれてなくてやばい by18:40の自分)

12:40
 

午後の仕事が手に付かない。パソコンのモニターを眺めてはすぐスマホに手がいく。
相手にするのはWordファイルであって、ネイバーニュースにあらず。
自分、仕事しろ。
リアルタイム1位になってるエリックの名前、何回クリックしたっけ。落ち着かない。そわそわ。

そして数十分後。

「エリック、熱愛を認める」

万事休す...(天井を見上げる)

身体に脂汗かいてることにびっくりした。私動揺してるやん!!ここで自分が衝撃受けてることをしっかりと認めた。

27
才か〜ひと回り年下か〜。
それにしても女性の好みが一貫してる。猫目タイプのスラリとした人。

 

 

 

私なんで落ち込んでるんやろう?

ずっと独身でいて欲しい、いつまでも私達のものでいて!そういったことはファンのわがままで、私たち一人ひとりに人生があるようにエリックにも人生があって、その階段を上るも降りるもエリックの心ひとつ。
エリックは公共財ではない。
そもそもエリックは私達のものだったことなんてあったのか?

頭では分かっている。分かっている。けど!! 

 

いつもチケット予約に協力してくれるオンニにエリック熱愛を共有する。
全く悪意はないのだろうがお相手の写真を何枚も送りつけてくる。曰く「キレイやん」。
分かっとるわい!!
「オッパも年下と楽しんでるんやからうちらも年下の子たち見て楽しもう」
その後も軽くムンヒジュンを軽くディスりながらああでもないこうでもないと話に付き合ってくれた。
オンニ、笑いをありがとう。

そしておまるにLINEする。「は〜」とか「おまる〜」とか打ってるあたり相当堪えてるな自分。
(私がシナコンに)行くつもりでもきっと熱愛認めてたからさ」というおまるの言葉にハッとする。
おまるにも励まされさらにHPが回復した。そして手記を書くことを薦められる。

ファンになって今年で11年目。
39
才。年齢的にそら結婚もチラつくわ。
このまま独りでおるのも心配やしな。

なのに素直に喜べないのはなぜだ!

もし同世代の女優とか一般人やったらどう思ってたんやろう。
相手がひと回り下のあまり売れてない女優だから喜べないのか。

頼むからエリックのお金使って事業(カフェオープンとかブティック経営とか)はしないで...!!
インスタその他SNSで仄めすのは勘弁...!!
インタビューで水向けられてもうまくやってくれよな...!!
相手への要求事項は増えていくばかり。この辺りに不安を抱えているからイマイチ祝福できないのか。

ところで彼女は今後瞬間湯沸かし器ことシンチャンがシオモニ*1的ポジションにいる訳だ。私やったら考えるだけでチビリそう。お相手はなかなか肝っ玉座ってるのかもしれない。

19:10
 

ディスパられた二人の写真を見る。
ペアルック...
静かにスマホに保存。

19:20
 

これは毎月DAY6を見に行けという神のお告げかもしれない。そんな考えが浮かぶ。
これが神の啓示というものなのか。

20:00
 

腹がいっぱいになり幸福感が蘇る。やはり食は大事。

20:40
 

友人たちに慰めてもらったお陰で徐々に平静を取り戻す。


前略エリック。ドンワン靭帯損傷して迎える大邱でのコンサート2日前に報道され、そして認めましたね。バレてしまったら嘘付いてまで隠さないといつか言ってましたっけ。熱愛に限らず逃げも隠れもしないのは変わらないし、そういえばそういう所もカッコイイ!って思ってました。
明後日のコンサート、一体どんな雰囲気になるんでしょう。こんな条件でコンサート迎えたことはありましたっけ。新しい局面というのはデビュー何年目であろうと訪れるんですね。

行き着く答えは自分の中ですでにあって、落ち込んだり励まされたりしてそこにたどり着けるのかなと考え至った。
行き着く答えというのは「エリックは(推しは)私のものではない。応援してるからこそ幸せでいて欲しい。今その人といることが幸せならその人がいるエリックの暮らしを私は応援したい。でも心にはポッカリ穴が空いた感じは残る。」

これを機に神話かDAY6、どっちか選ぶ気はない。(だからなんでエリックの熱愛を自分に帰結させるんや私)
これからも両方全力で大好き。ただ今年は毎日がDAY6イヤー。*2

如何せんDAY6の肩は持ちがちやけどな。

 

*********

いつかこんな日が来るとぼんやり考えたことが何度かあった。でもそれが一昨日とか聞いてないですから!!!

「付き合い始めて数年」「ヨボと呼んでいる」など、真意の程は分からないものの、なかなかインパクトのあるその文字ヅラを見るとまだ心は痛む。
でも予想以上に淡々と過ごせているのも事実。友人たちに励ましてもらい文章にしたことによるところが大きい。

今日は大邱でのコンサート。ファンを目の前にどんな言葉がエリックから発せられるのか、どんな風にコミュニケーションしていくのか。

現場からのレポートを待ちたい。

 

 

終わり

 

*1:韓国語でお姑さん

*2:説明しよう!今年DAY6は”EveryDay6”というプロジェクト名の下、毎月新曲を発表しさらにライブまで行うのだ。