人は彼女を活動家と呼ぶ / They call her an "Activist"

活動家:誰かが片手に握ったマイクをペンライトに持ちかえただけの、 只の人の意。EXOにハマりGOT7を愛で、防弾少年団を口ずさむ。

[ETC.]週刊活動家だより:2015年2月第3週

皆さま、旧正月楽しみましたか?(日本の暦完全無視)

K-popを好きということは日韓両方の節句を楽しめるんですね!!なんて最高なんだ!!

 

相変わらずgod熱が右上がりの菜姐、芋屋のおっちゃんと仲良くなるめんにむ、ソウルでテンプルステイに出かけるおまると、今週も勝手に活動家の日常を垂れ流します。

 

3人分の1週間なので長いです、pocketなどに保存などして時間と心の余裕があるときにご覧いただければ、管理人が芋を頬張りつつ喜びます。

 

それではみなさま、새해 복 많이 받으세요(せーへーぼっまーにぱどぅせよ)!!!

 

**********

 

2月16日(月) 菜姐

とあることに必要なので……Amazonでgodのアルバムを2枚購入した。ちなみに購入したのは2集と3集。他のアルバムも欲しかったけど…まずはどうしても必要な2枚だけ。18日には届くらしい。スピーディ!
 
**********

 

2月16日(月)おま

 

映画の夢を見た話。

 

高1の時に映画『あずみ』をみた。

若かりしおまる16歳には衝撃の連続な映画だった。

同じ年の頃の若者、しかも同じ釜の飯を食ってた幼なじみが殺し合いをしている。

 

仄かな恋心を抱いていた少年を殺して一人前の暗殺者になるあずみ。

当時、私がしていた彼女への思い入れは、今振り返っても半端ではなかった。

 

所属していたバスケ部の外練で体育館横に腰掛けながら空を仰ぎ、

「私、あずみの友達になれないかな…」と呟いていた。

アホか、なれへんぞ。というか、やめとけ。

 

それから時過ぎること10ウン年、昨日『あずみ』のような夢を見た。

あずみの設定で『オールド・ボーイ』みたいな、

というか、最後の100人斬りのシーンは『オールドボーイ』のあの廊下ワンテイクのシーンと似てるし、まあ、その辺の記憶が混ざって見た夢なんやと思う。

 

京都に行った時に訪れた新選組ゆかりの地、八木邸(新選組の最初の屯所であり、芹沢鴨暗殺の場所)がロケーションだったような。というか、そこにいったことも忘れてたのに、夢で思い出したわ。

 

私は、何の能力もないのにあずみ的な一味の末席に加えてもらっているただの私(夢だからといって下駄を履かせてくれないのね)で、

上衣を剥ぎ取られて(というかはだけさせて)おろおろしていた。右も左も敵。屈強極まりない敵、しかも色々物騒な刀やらなんやら持ってる。

 

「やばい、(上すっぽんぽんやし)こんなん刀でさっと切られただけで一巻の終わりやん…」

 

血の気が引いて更にオロオロする私。

しかし、何故か敵は私に視線すら向けない。

 

今思い返すと、3m程鳥瞰で見る私は、上半身放り出して勝手に焦ってウロウロするただの阿呆である。

まあ、夢やからしょうがない。

 

すると、座敷の外に睨み合っている二つの集団が見えて、うち片方があずみ軍だった。

急いでそちらの陣営の中に潜り込み、一目散に最後尾を目指して走った。

最後尾で見た重い沈黙と、近くに落ちていた白銀の鞘に入った刀を手に取ったところで夢が終わった。

 

夢から醒めて「やっぱ私にはあずみの友達とか無理やったわ…」と、遅まきながら現実を正しく認識する。というか、そもそもあずみ、想像上の人物ですからね。

映画(もとは漫画)と現実を混同する癖がこの歳にもなって抜けていないという致命的な欠陥。

 

見た映画の結末は覚えてないのが多いけど、場面はよく覚えてる。

特に昔見た映画。

 

そういえば高校の頃、部活帰りに映画見に行く時は、

ルーズソックスを履くのももどかしく、電車乗りに全力で走ったっけ。

 

あの頃に見た映画は、何故か結構覚えているものが多い。

大体部活帰りに見に行ったな。部活ない日がなかったしな。

映画だけじゃなくって、見に行った日のあれこれも覚えてる。

 

疲れて劇場で寝てしまったのも、今では懐かしい記憶。

その映画館は、随分と前に無くなってしまったのだけれど。

 

**********

 

2月17日(火)めん

今日偶然に社内カップルが1組いることを知らされた。

思ってもいなかった組み合わせにぶったまけだ。

それにしてもこれで何組目や。
私よりあとに入ってきて出来上がった社内結婚、または社内カップルが早5組。

 

え、何何?
結界?誰か私の周りに何らかの結界張っていった?
おーい、結界張る場所間違ってますでー!
ここちゃいますよー!

 

私にあるのは酒の誘いfrom会社のおっちゃん達。

色んな世代の人と喋って笑って時間を共にするのも楽しいし好きやからいいのだけれど、普段職場の年齢構成上40オーバーとばかり一緒にいるせいか、30代と喋るのすら不慣れになってきて危機感募らせてる。

 

まずい。まずいけど、楽。

 

**********

 

2月18日(水) 菜姐

godのアルバムが予定通り到着した。さすがに2日は無理だろー!と遅延を8割方想定していた為いい意味で裏切られた。うむ、やっぱりオッパたちカッコいい!ホイオッパ可愛い❤️
  

**********

 

2月18日(水)めん

エディキムが私の中でキテいる。新たに彼氏ドルリストに掲載される勢いや。
きっかけはおまるから紹介されたmy love。


[MV] Eddy Kim(에디킴) (김정환) _ My Love - YouTube

ステージに立つ準備しながら彼女に歌聴かせてあげる、しかもその歌は彼女のこと歌ってるとか、そりゃバス乗ってる彼女もニヤけるよなああああ羨


エディキムの名前はなんとなく知ってたけど曲は聴いたことなかった。

SuperStarKシーズン4に出場していて、今はユンジョンシンの事務所にいる。

シーズン4にはロイキム、チョンジュニョン、ユスンウも出ててシーズン2の豊作ぶりが窺える。

 

スホとは学校は違えど中学時代仲良かったらしく、恐らく恵まれたご家庭でお育ちの模様。
しかもバークレー音楽学院在学中で軍隊も普通の陸軍とかではなく特攻出身で…
スペック高...!!!

「君の使用法」もいい。


[MV] 에디킴 Eddy Kim - 너 사용법 The Manual (Official) - YouTube

 

********** 

 

 

2月18日(水)おま

 

寺1日目

 

山の麓にある寺に知り合いと2人で行く。知り合った人が仏教画やってて、ここの尼さんと懇意にしているのだ。数週間前に初めて来て、昼寝して帰ったそのお寺。

 

荷物を解いてご飯食べて、視聴覚教室で映像鑑賞。茶馬古道のドキュメンタリーがめちゃ面白い。

「7時半から映画鑑賞があります(ニカッ」と笑った尼さんの顔が忘れられない。

 

しかし、明日の朝の祈祷が5時らしい。大丈夫か…

 

**********

 

2月19日(木) 菜姐


バンタンのライビュ\(^o^)/
同じ福岡にいたんだけどね……仕事終わってからZEPPに向かってたら開場に間に合わないからね……(そもそもチケットが取れていない)


カメラワークが糞でした。かと思ったらジミンちゃんペンカムになったり……wプロならカメラワークもっと構成して!ジミンちゃんだけやなくて他のメンバーも撮って‼︎‼︎‼︎www
バンタンの子たちオール日本語で頑張ってたしすごく楽しそうで、それを見てるだけでも十分満足したけど……カメラワーク!w次回はちゃんと仕事してくれるように祈りますw
メンバーの可愛かったモーメントとか面白かったとことかたくさんあったけどもうなんか大雑把な感想しか残ってない……w

 

ジミンちゃんは表情とか目線とかものすごく色っぽかった!妖艶さってまさにステージの上のジミンちゃんを形容する言葉だと思う。そうかと思ったら急にあどけない表情で笑ったりするんだからヌナキラー・ジミンちゃん‼︎‼︎‼︎ジンさんは……やっぱりほわほわしてたwwww最初の方ほぼ無表情で何となく他メンに比べてリズムにノれてなくて三十路勝手に心配になるwwwwジンさん……楽しくない⁇⁇⁇⁇(過保護)優等生からのいきなりの壁ドンには会場がその日1番沸いたと言っても過言ではない。あのまま心臓発作起こしててもおかしくないと思う。バンタンのライブは心臓の弱い方にはオススメできません。

 

ホプは笑顔ステキやなぁ……日本語の準備したメントちゃんと覚えてるなぁ…でも心なしか韓国活動の8割くらいの元気に感じたのはうちだけやろか?レプモンはちょこちょこメント忘れたり(リーダー長台詞やったからな)イントネーションが面白かったりwwwwレプモンのハニカミ笑顔とペンの反応に満足した時の笑顔、プライスレス!菅さんは……wどこまでもマイペースwww無表情で淡々とやってるかと思ったら急にハイテンションになったりエギョしたりww菅さんますます好きになったわwwwテテはやっぱり場所が変わっても可愛すぎた!独特のテンポで会場にいるペンのハートを鷲掴みにするテテ……末恐ろしい満19歳やな(´-`).。oO(小さなメモ仕込んで方言使ったり、準備してきたメント忘れました!(´Д` )て白状してみたり。

 

ジョングクはさすが黄金マンネ!あんまり日本語話さないのにちょこちょこ話す時は必ずツボを押さえてくる。個人的にGOT7べむちゃんのダメよーダメダメよりもジョングクver.の方が好きでした。ごめんなさい、べむちゃんm(_ _)m2학년でのアニョハセヨッとどの曲か忘れたけど音楽止めて会場のペンに歌わせた後、もう1度音楽がスタートして歌い出す時の満足気なジョングクの顔がライビュでのジョングクハイライト(*´ω`*)ポッライビュでも十分楽しめたから会場の盛り上がりはハンパなかったであろう……次はライブに参加するっ!

 

**********

 

2月19日(木)おま

 

寺2日目

 

旧暦元日。朝の祈祷無事行ける。

近所のセレブ寺(勝手に名づけた)に皆でゆく。尼さんの先輩尼が長の寺。

寺ぽくない寺。現代アートみたいなんある。

 

先輩尼は身なりにうるさいらしく「寺=寒い=華美厳禁=防寒」を積極的に採用した私は小言を言われる。仏様に会うときには一番きれいな服でこなきゃいけないんだと。

まあ、上下スェットにジャンパーという運動部の合宿スタイルで行った私には非しか無い。

 

祈祷か下働きという二択で喜んで台所担当に名乗りを上げ、ひたすら栗の皮剥き器の技を磨く。

ええ場所にあるだけあって信徒さんもそれなり。シャネルの靴が玄関にあった。5人の子どもが全員韓服をひらひらさせて風のように去って行って可愛かった。皆あいさつ回りがあるようで、来ては瞬く間に次の挨拶先へ。

 

皆で韓国的お雑煮(떡국)を食べる。玄米で作ったらしいトックはしみじみ味わいがあって美味しかった。信徒さんが帰り、尼さんズと私と一緒に来たオンニと歓談。湯婆婆の部屋みたいなお茶どころがあったんだ。宮崎アニメか。魔法瓶や茶器がずらっと並んでて、先輩尼が囲炉裏でお湯を沸かしてくれる。年季の入った普洱茶をいただく。茶馬古道のドキュメンタリー見てるだけに味わい深い。

 

先輩尼に仏教名をもらう。こんなスピーディーにもらってもいいのか。お年玉(세뱃돈)も既に何個かもらってるぞ。とはいえ、ありがたく頂戴する。由来がとても気に入って、そんな人になりたいと思う。

 

今日の視聴覚教室は、昨日はお茶と人々に続き、今日のドキュメンタリーは茶馬古道を馬とともに渡る人々がテーマだった。映像が珠玉。事実の持つエネルギーを感じる。次も楽しみ。

 

**********

 

2月20日(金)おま

 

寺3日目。

 

金曜10時半の祈祷も新年スペシャル。

こないだ来た時よりお供えも豪華、祈りも1.5倍。一時間半。

 (朝5時の祈祷にはアラームつけた携帯が急死を遂げていたため寝過ごすという失態。)

 

膝をついて礼して立ってを繰り返す技(投地礼というらしい)を習得したため、動ける。じっとしていられないばぶう精神を持ったアラサーにとって、これは非常にありがたいアイテム。

 

一緒に来た隣人の「オンニ(70年生まれ)」を見習い、跪いては手を合わせを繰り返してたら、興が乗ってきて仏様を見ながらヨルシミ立ったり座ったり。

いつの間にか暑くなってマフラー脱ぎ捨ててた。

韓国版の北風と太陽である。

5分後には寒くなってまた巻いたけどな。

 

数日生活してみて思ったことに、

寺のご飯は粗食と思い込んでいたが、なかなかどうして、というかめっちゃ美味しい。

 

知り合いのお寺で作ってるらしい海苔に孵化したてのじゃがいもとアボカドを包む、という手法を開発した。美味しすぎる。あ、蒸かしたてな。じゃがいもが孵化したらちょっと怖い、何が生まれるのか。

醤油マヨfeaturingアボカドを披露すると、隣人には好評だった。

 

尼さんは肉魚はおろか、にんにくもネギ(匂いが強い)も

調味料も塩醤油や昆布とかしか摂取しないから?肌がめちゃ綺麗。眉毛も綺麗。

ここで漬けたというキムチは、めちゃシンプルで、塩辛とか梨とかそういった細々が一切入ってない素朴な味。

 

芋うまい芋うまいばっかいうてたら、今日尼さんがさつま芋こうてきてくれた。

優しい。

 

でも、というか何というか、この寺にはネズミがいる※1。

 

さっきも、PMぺんのブログ見て感動しながら、

同時にネズミの物音に恐怖してた。

実際のネズミ、うごきめっちゃ素早いからな。

 

小学校の頃、歯磨きしてたら踵にアタックかまされたこと軽くトラウマや。

(この人は一体どんな家に住んでいたというのでしょう)

 

しかし、ネズミ位どうでも良くなるほど、

アボカドとかイチゴとか美味しい海苔とかゼンマイとかほうれん草とかフルーツ入りチーズとか、浸けてある味噌や野菜色々とか(名称が分からず)、

美味しいものがいっぱいある幸せ。台所も広いし楽しい。

日本で言うとこの正月やからなんやろうか、そうでも無さそうやけど。

というか、スウィーティーってうまいな…(ガムでしか食べたことなかった)

 

一人暮らしが長いため、一日30品目なんて夢のまた夢になっている生活からすると、

肉魚はないが、ここは素敵な花畑や。

 

とりあえず、今日行きそびれた朝5時の祈祷に明日は起きれますように。

 

※1 後で分かったが、ネズミの物音と思ったのはカーテンが風にたなびいてその一部が壁に当たる音でした。ネズミの幻像に悩まされた夜、プライスレス。

 

**********

 
2月20日(金) 菜姐


社長と税理士の先生と急遽お昼ごはんを食べに行くことに。社長のおごりでごはん食べられたしいろいろ為になるお話を聞かせてもらって有意義なお昼やった(^ω^)(社長からの呼び出しやけん通常1時間しか休めんとこ2時間休めたし\(^o^)/)
 

**********

 

2月20日(金)めん

 

なんとか石焼き芋売り切れまでに間に合った。
最後の2本にありつけたのだ。


石焼き芋アジョシと芋が出来上がるまでの間しばし歓談。

1日大体3~5万円儲かるらしい。

石焼き芋が売れるのは11月から3月までのおよそ5ヶ月。

夏場は桃を売ることもあるらしい。
ここでブツブツと年収を計算してるとアジョシ曰く「お姉さん、僕これだけちゃうから。他にもやってるからね。思ってるより儲けてるよ」

アジョシ多角経営…!!!

 

多角経営をにおわせたアジョシの顔がドヤ顔という意味ではなく、単純に誇らしげで眩しかった。

本日1番のイイ顔いただきましたー!

翌朝食べた焼き芋は期待を裏切ることない甘さで私を迎えてくれた。

それにしても多角経営で何してるのか聞いておくんやったな。

来週聞いてみよう。(来週も行くつもり)

 

**********

 

2月21日(土)おま

 

午前五時の祈祷に無事成功。 

昼過ぎ、茶馬古道ドキュメンタリー巡礼の道編を見る。

 

5人の男性がチベット仏教の聖地、ラサまで2100kmを半年かけて向かう。

ただ歩くだけでも生半可な旅ではないのに、

大地に四肢を投げ出して少しずつ進む「五体投地」をしながら目的地を目指す。

 

その存在くらいは知っていたけど、実際の映像を見ていたらノンフィクションのもつ強度のようなものが視覚からガンガン入ってきた。

 

「人間に生まれることだってそもそも難しいのだから」

 

「誰もがみな死ぬ。今のうちに死の準備をしたい」

 

「全ての生きるものの為に祈りながら、進んでいる」

 

「次の生でも、人のために祈りたい」

 

5人の言葉に、表情に、迷いや淀みのようなものは読み取れなかった。

 

(私にとっては)気が遠くなるような旅路の末、ついにラサの寺院に着く。

 

寺院の門が開けられるとともに中に雪崩れ込む人々、その5人の姿も映される。

期待と喜びが溢れる寸前の張り詰めた表情を見た。

 

そこで10万回の礼を終えて、ある者は故郷へ、ある者は出稼ぎへ、またある者は修行へと発っていく。

 

 

「人間に生まれてくること」と、それについての彼らの言葉がずっと頭に残っている。

 

 

一旦話は逸れる。

私が3歳位の頃に撮った8mmをDVDに変換したものが、去年の夏実家に届いた。

父が、本人はそれとは言わないが一緒に見たがっているよ、と母親が言っていた。

 

一緒に見たくなかった。見たらすぐに泣いてしまう気がした。理由はよく分からへんけど確信があった。昔の自分たちを眺めるのに、湿っぽいのは相応しく無いと思った。

叩き売りバナナよりも安い私の涙のせいで、楽しいはずのものに躊躇してしまう性格が恨めしかった。

  

寺の門をくくる巡礼者の表情に、何故か私は、

泣くのを我慢して少しだけ皆で見たDVDと、父親の姿を思い出していた。

 

悲しくないのになんで涙がでるのか。

「人間として生まれてくることだって難しいのに」

その次に、私はどんな言葉を続けたらいいんやろう。 

 

きっと、自分が生きているのは「今ここ」の点ではなく、

長い時間と大きな空間という4次元の風呂敷を広げられたその中にいる、という事実を急に目の前にして。

そう、例えば、ずっとしていた目隠しを取られて、広い世界が目の前に急に拓けてしまった子どもように、

畏れの気持ちから心が震えてしまうのかもしれない。

家族のDVDと、巡礼者の姿を見て自分の中に生まれた情動はとても似ていたから。

 

ヒザ下は痣だらけ、額と手首は既に硬くなっている巡礼者らの表情は、

身体とは反対に穏やかだった。

 

「ラサに着いた彼らは、新たな<巡礼>に旅立つ」とナレーションが入る。

 

彼らにとって人生とは、混沌とした輪廻の中に存在する、真っ直ぐな道なのかなと思う。険しく遠くて、でも終着点は絶対に見失わない道。

 

舟を漕いであちこちをうろついては、簡単に信念や感情を行き来させているような自分にとって、それは途方もなく遠い営みのように見えた。

 

私はきっと、自分が人間であるということが輪廻のちょっとした奇跡だということにも、きっと命のギリギリまで気づかないんだと思う。後回しにして、握りしめたパンくずを少しずつ落としながら、きょろきょろと道を選んでいくのだと思う。

 

緩慢な周回運動を重ねながら、これからも私は「人間」として生きていくんやろうと思う。

 

こんなこと考えたって、ちょっとしたら、多分私は忘れてる。

エンドロールを見ながら、既に諦めている。

 

起伏の円周をなぞりながら、少しずつ命の白線を伸ばしているような気がする。

それは、絶対に彼らの人生とは異質な、きっと交わることのない道のりなんだと感じている。

 

今日は最終日のため、これ含めて3つ映像見せてもらって茶馬古道シリーズコンプリート。初日に見たお茶編と巡礼編、今日見たグゲ帝国編が個人的には気に入った。DVD買って実家に送ろうと思う。

付き合ってくれた尼さん、連続再生のため最後らへん疲れてた。カムサハムニダ

 

**********

 

2月21日(土)めん

 

映画字幕W/Sに行ってきた。

翻訳の話というよりはいかにして映画に字幕が付けられていくのか、その制作過程の説明が多かった。

それから映画字幕翻訳に限らず映画業界は閉鎖的な世界だと聞いて「それ最初に言うのかー!」と思った。変な幻想を最初に持ってしまうよりかは幾分いいのか。

実際に字幕翻訳をやってはる方もゲストスピーカーとして来ていた。

その方は字幕制作会社に就活してみるものの不採用。けれどその会社を受けたことで、落ちたけどちょっと手伝ってみない?と誘われて下訳を手伝ったり(いわゆる下働き?)をしながら経験を積んでいって後にフリーランスになったそう。縁やなあ。

 

最後にメインスピーカーの方と1対1で話せる機会があった。

通訳にしろ翻訳にしろ最初の取っ掛かり(仕事のチャンス)が難しいよなと人から聞いた話や実感としてあったのでその辺を尋ねてみた。

案の定、「取っ掛かりが難しい。人脈やコネが大事」だけど、

「でもどこでどういう繋がりが出来るかわからないし、こういったW/Sや映画祭に参加して声をかけてもらえる状態にしておくのがいいんじゃないか」。

これを聞いて、今やれることはアンテナを張りつつ何時でもタイミングや運を掴めるよう実力を準備しておくことなのかなとひとまず結論づけた。

折角タイミングや運がやってきても実力がなくて結果を出せなかったらもうタイミングはやって来ないかもしれない。

今は地下にサツマイモのように長く長い根を這わす時期と思ってコンブしよう。

 

**********


2月21日(土) 菜姐


朝から活動するつもりが起きたら15:30やった……1日無駄にしたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(´Д` )
 
NHKファミリーヒストリーが好きで毎回録画して見ているのだが、ある俳優さんの叔母さんが、おまるの階下の友にそっくりだった。思わずアラサー姉妹のLINEに投下した事は言うまでもない。
 

 **********


2月22日(日) 菜姐
オーヴォ観に行ってきた\(^o^)/

f:id:misojiandshimeji:20150222191532j:plain

ANTSのパフォーマンスは中国人なのかな?アジア系の女の子たち6人くらいがフットジャグリングをするんやけども、感動すると共に泣きそうでした。少女の頑張りに涙しそうになる三十路……これと同じ現象が初めてのおつかいでも見られます……子供の頑張りに涙する三十路(T_T)

f:id:misojiandshimeji:20150222191344j:plain

f:id:misojiandshimeji:20150222191311j:plain


※写真はHPより拝借いたしました
東京、大阪、名古屋公演はすでに終了してて福岡の次は仙台で終了らしい。ぜひ会場でANTS観てみて!笑顔も可愛いし涙出てくるから!トランポリンもすごかったなぁー主役の1人が日本人っていうのも快挙!あなたの事が好きだからーー(つД`)ノwwww 

 

 **********

 

2月22日(日)おま

 

5時祈祷成功。

6時に寝て8時半のご飯に起きる。

 

妹にLINEしてこの生活に触れたところ

二度寝できていいやん!」と言われた。

…確かに!!!

家族はやっぱり目の付け所が違うわ。

 

来た時は1泊の予定だったのに、結局旧正月いっぱいの滞在となった。

尼さんの懐の広さに感謝。

 

元々、特定の信仰を持ってしまうことにためらいを感じていた。

ブッキリ教徒というように、どっちもいいとこだけつまむ人生やと思っていたけど、ここに来て仏道が私を呼んでいる。

 

自分より遥かに大きなものに心を委ねるというのが危ういと思ってたけど、

実際にそれを仮に体験してみて、とても静かだった。

 

日が昇る前、本殿から霧に包まれた山の麓を見下ろす。

しっとり濡れた灯が柔らかく光っていて、その時心はとても穏やかだった。

 

とりあえず、知らないことがいっぱいなので仏教周りの歴史や文化を勉強してみたいと思う。

 

冗談で出家の勧誘をされるが、アイドルと惰眠にうつつを抜かしている女はどうがんばっても良い尼になれそうにもないので、崩れたアルカイックスマイルを浮かべてみる。私の徳はせいぜいのところ、寺の3歩外くらいまでしか積めないと思うんだ。

 

自分が丸坊主になって仏道を説いているところを想像したら、相変わらずピイピイと全然信頼得られなそうな喋り方だった。やめよう。

 

階下の友人に話したところ「出家はやめてくれよ」と言われる。

 

そんな彼女は、寺が好きなキリスト教徒。そのうち、最近教会行かなくてごめんなさいって謝りだした。今日も二日酔いでベッドに潜り込んでる階下の友。ミカンとコーラを買い与えたら、可愛くお礼を言ってくる階下の友である。

 

**********

 

2月22日(日)めん

神話の12集カムバティーザーが公開された。


SHINHWA - 표적(Sniper)_MV Teaser - YouTube

ゴメン、ナメテタ…!!!

最初の口笛。何?何が起こるっていうの?!

台所で何かを飲むどんちゃん。アナタそれ血を飲んでるでしょ…!!!

椅子でくつろぐカーリーエリック。アナタそれヒト2~3人殺めてきた後でしょ…!!!!

りくわんの狂気が私を一発でしとめた。

 

4年ぶりのカムバから数えて3回目のカムバ。

正直カムバが今年にずれ込んだこともあって、そろそろ気合いの入り方が小さくなってきてるんちゃうかと勝手に不安になっていた。

そう、なっていたのだ。過去形。今はなっていない。

 

兄さんたち本気や…本気で毎回ええもん作ろうとしてきてるで…

毎回毎回、「さあ今回はどんなコンセプトで行こうか」とか、

そもそも「どの時期にカムバしようか」とか、

「この時期にカムバやとあのソロ活はできひんな、今回はあの作品諦めよう」とか、

全部6人が主体になって考えて、結果出して収益も出して社員のお給料も払って。

時には妥協もしないといけないし我慢を求められることもあるし。

もうほんとにありがとうございます。

シナペンでヘンボッケヨですわ。

 

私誰かにシナをおすすめできる自信がない。というのは何から話していいか、シナばっかりはわからない。言葉にどうやって表していいかわからない。

でも1つ言えるのはシナが好きという趣向を備えてる自分チャレッソ!!!

ブルーマンデーを控え逆に躁状態

 

 

*********

 

以上!!!!!!はーーーーっ、長かった!!!

これ、寺の話とか別のエントリにしたほうがいいですね。すみません。

可読性の低いことでお馴染みの活動家ブログです。

 

早くジャクソンのプロフィール書きたいよ!!!

ジャクソンはあんなに馬車馬のように働いているのに怠惰な管理人ズをお許し下さい。

 

それでは、また次回の更新でお目にかかります。