読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人は彼女を活動家と呼ぶ / They call her an "Activist"

活動家:誰かが片手に握ったマイクをペンライトに持ちかえただけの、 只の人の意。EXOにハマりGOT7を愛で、防弾少年団を口ずさむ。

[INTERVIEW]GQ KOREA6月号 神話エリック

神話 INTERVIEW めんにむ

昨日のインタビューに続き、本日は同じく去年、GQ KOREAに掲載されたメンバー個別インタビュー。

インタビュアーが全員異なるというところも特筆すべきポイント。

まずはリーダー エリックから参りましょう!!

 ======================================

f:id:misojiandshimeji:20150205002441j:plain

SNL>と<ラジオスター>の放送後、モニタリングはしましたか?

ヘソンの再発見でしょう。これまでヘソンだけ演技をしなかったじゃないですか。

 

かなりヤラしいところを行ったり来たりしていましたが、数年前まででも自らの出演作をちゃんと見られなかったと聞きました。もう「何か焦げる匂いがしませんか?」をコントのネタに出来るほど楽になりましたか?
以前からメンバーがあれで茶化したり、番組の素材として使うのは気まずくはなかったです。すでに出てきていたものなので食傷するんじゃないかと心配だったんですよ。茶化そうとして茶化すものなのに、茶化すための茶化しになるといけないから。無理にそうする必要もないし、マシになってモニタリングできるようになったのではなく、今はもう、たくさんやったから鍛えられたんでしょう。

 

<神話放送>を観ながら貴方に変化があったと思いました。でも<ラジオスター>を観ると特に変化があったというよりは、慣れている環境なのか、そうでないのかの違いのようです。
<神話放送>も最初は慎重だったし消極的でした。メンバー達だからこそとても気楽だったし、スタッフ達も気楽になって大丈夫なんでしょう。でも他の番組やバラエティに出ると前と全く変わりません。

 

モニタリングしてみたのかと聞いた時、神話としての感想をお話しましたよね。はっきりとエリックではなく`神話のエリック`を意識したというか。
音楽がとても好きではあったけど、正直最初歌手になろうと考えたのはただカッコよさそうに見えて、でした。でも長い間活動してみると、こうなんですよ。当初歌手になりたくてスタートしたし、神話としてスタートしたのに、他の場所でもっと良い反応があるからって初心を捨てたらカッコ良くないんじゃないかって。俳優や歌手が、賞ではなく持続性や義理でも認められるんだということもわかりましたし。韓国の最長寿アイドル歌手は僕達が意図も、考えもしたことのない賞でしたね。今やファンの皆さんや音楽界でとても模範的に見られているので、さらに慎重に、誰かがだめにしないように。

 

f:id:misojiandshimeji:20150205003018j:plain

神話は好き放題にやって支持されてきたチームじゃないんですか?
はは。新聞に載ったことが多かったんですけど、運が後からひっついてきました。引退を決心するほど大きな事故はなかったけど、その直前まではたくさんいきましたから。うまくいって怠惰になったり、愛されても大きな関心を得られない度に、それがとても気持ちをしっかりさせてくれましたね。

 

`神話のエリック`と`ムン ジョンヒョク`はどう違いますか?
僕は楽天的で怠け者です。もし神話のメンバーとして、神話として実現できることに対する動機付けがなかったらとても怠惰だったでしょうね。動かなかったと思います。神話は僕が一生懸命働ける大きな理由なようです。

 

完全に自分の物語が込められたアルバムを出してみたくはありませんか?英語のラップでこう…

1集からほぼ全曲のラップを作詞したのでもう素材の幅が広くはありません。一曲全体を作詞する時は経験した出来事だけ書くんですけど、言葉として表に出ると記録が残るじゃないですか。後になってそれを覆すのもカッコよくないですし。はは。だから作詞をオファーされても`おっ`と思ったり`変に引っかかってくるもの`がなければ、やらない、となります。万が一たくさん語ると、僕の考えと違う話が出てくるんじゃないかと。だから話すのが嫌いです。

 

f:id:misojiandshimeji:20150205003136j:plain

Twitterはどうですか?
誰でもやるものではないと思います。自分以外の人に向ける意識が必要なようです。少し長く人生を過ごした先輩として忠告をしたつもりだったのに、振り返るとただ自分のために書いてたんですよね。僕のつまらなさ、あるいはカムバックに対する恐れやファン達のフィードバックが気になって。自分以外の人にむけたのではないと自覚して、ならやめないと、と思いました。

 

でもだからといって日記を書きはしないでしょう?
そうですね。じっとしている時は怠けますよね。はは。ゴロゴロ。そう思うと、怠けないためにTwitterをやったような気もしますね。

 

緩慢な自分をよくわかっていて、より現実的で戦略的に行動するんでしょうか?
ミヌが芸術的なマインドだとしたら、僕は現実的ですね。戦略的なのは何といっても慎重だからです。ミスするのが嫌で、他人に被害を与えたくなくて、そのせいで悪口を言われるのも嫌だし。`称賛されずとも悪口は言われないようにしよう`が僕ならば、ミヌは`最高になって称賛されないと!`です。

 

去年の活動が成功的だった理由を”全国の神話ファンと4年ぶりの活動という特殊性のおかげ”だと自ら冷酷に評価しましたよね。その特殊性がなくなった今年の戦略は何ですか?
もうアルバムとステージだけで語らないといけませんよね。去年の望みは1世代アイドル、最長寿アイドル、功労賞、こういう感じから抜け出すことでした。<音楽中心>、<MUSIC BANK>で活動する、全く同じ歌手になるんです。まずそこまでは到達したような気がして、アルバムとステージに力を注ぎました。昨年は最初200曲程度受け取ったとしたら今回は500曲受け取って選別する過程を踏みました。正規アルバムを11集も出したので、曲ごとにそれぞれの好き嫌いがよく分かれたものですが今回は一曲一曲が全て気に入ると口を揃えましたね。

 

ほぼ満場一致に近い歌が選ばれたんですね?
はい。タイトル曲の候補が`Scarface`と`This Love`だったんですけど、`This Love`が僕らのカラーを見せてくれる気がして暫定的に決定はしていました。それから振付けを見て`ハッ`としたんですよね。これを修正してカムバックするのか、僕らが`ハッ!`とした感じを大衆にも伝えるのか話し合ったんですけど、結局`ハッ`で行くことにしました。これまでの破格的な振付けと言えば椅子に座って踊っていた`Wild Eyes`ぐらいですけど、それよりかなり強烈ですね。

 

f:id:misojiandshimeji:20150205003317j:plain

それが神話なようです。誰かが、神話がこれまで維持できた秘訣は譲歩と配慮と言っていましたが、間違ってはいないけどもっと重要なのは安全に留まっているかわりに、毎回ケンカをしてきたのではないかと思います。神話のメンバー間、または積極的に喧嘩をして積み上げてきたような気もします。
義理や配慮が原動力でないわけではないですけど、それはとても基本だと思います。アイドルが番組に出てする模範解答です。そういう感じじゃないですから。30代の自分の主観がはっきりとしている男たちが同じ理由を持っているというのが重要です。義理ではなく家族や兄弟みたいですが、これは言葉ではとてもありふれているんですよ。虚飾っぽいですし。この前の両親の日に、父親から花束の写真がメールで届きました。チョンジンが贈った花束と手紙だそうです。カムバックの準備のせいでストレスがたくさんあって、僕はあらかた挨拶だけしたんです。マスコミのインタビューを10件ずつする時だったんですけど、チョンジンがメンバーの両親全員に送ったんです。僕が息子の役割を出来ない時、実の弟はいないけど、実の弟のように息子の役割をしてくれること。それは本当の家族じゃないですか。

 

昨年と全く同じ時期にニューアルバムを出します。毎年アルバムを出すのが目標なのですか?
今の流れがミニアルバムやデジタルシングルですが、ファン達に対する気持ちや誠意、そういったものを離れて、それが神話らしいです。そうやってスタートしたし、神話は変わらずにいないといけないでしょう。神話が続いていく姿によって大衆が拍手を送ってくれるのであれば、僕らはそれを継続しなければならないと思います。

 

当初神話のモデルだったSMAPは20年以上経った今もまだ歌えず、ダンスもアバウトです。でも、彼らの芸能活動は歌手としての資質とは関係なく作られる部分がありますよね。アルバム単位の活動についてお話しましたが、より根本的に、必ず歌が必要なのか聞いてみたいです。
メンバーによって考えが違うかもしれません。SMAPを知って好きでしたが、すごくファンというわけではありませんでした。実はSMAPが日本で手にしているポジションを羨んでいましたね。ある一つの国であんなに長い間愛されながら、ファンの方々が子どもとコンサートを見に来る状況を、です。昔の僕らにとってはとても漠然とした話でしたから。でもそうならないと、と思ってなれるものではないし、コツコツとやっていたことを一生懸命やれば周りが自然と作られる気がします。

 

f:id:misojiandshimeji:20150205002316j:plain

またSMAPには<SMAP×SMAP>という長寿番組があります。そのフォーマットの中でそれぞれやりたいことを全てやっていますよね。あの番組によってもう少しエンターテイナーとして位置づけされたというか。<神話放送>でも可能じゃないでしょうか?
まず(<SMAP×SMAP>は)<神話放送>がロールモデルにした番組ではありません。<神話放送>はメンバー6人の順調・不調の格差を最大限縮めることができるという点が重要です。芸能界において歌手であり俳優として生きるというのは非常にストレスですし、性格によって違うでしょうが、薄氷の上を歩く感じかもしれません。だからいつも戻れる場所が必要ですよね。明日どうなるかわからず追いかけられながらやるのと、安定した状態でやるのとは目の高さが違います。基本が備わっているとより大きな夢を見ることができます。”あ、僕らこうしてたら駄目だ、気をつけないと。”こう思いたくもなくて<神話放送>を始めたと見ることができます。

 

出処;GQ KOREA2013年6月号

========================================

管理人、エリックが推しメンでございます。Kポの入り口はエリックでした。

当初は単純に見目麗しいこのおフェイスに惚れ込んでおりました。

でもインタビューでの回答やこれまでの振る舞いに触れるにつれ、なんと出来た人物なのだろう・・・とその後どちらかというと容姿より発される言葉や行動に刮目するようになりました。

コンサート中にエリックがお話する際は基本「傾聴」。

叫びません。静かに、両手は胸の前。

一言も聞き漏らすまいと管理人必死でございます。

もはやアイドルの域を越えてウリ メンター。

 いくつになっても変わらずに、みんぼんにちょっかいを出し、どんちゃんをイジり、ヘソンに片思いし、ジニを気遣い、エンディを愛でる、宇宙規模の不思議系リーダーで居続けていただきたい!

 

明日の<GQ KOREAインタビュー ヘソン編>につづく!